K-viento

〒171-0022
東京都豊島区南池袋2-12-5 第6.7中野ビルB1

News

お知らせ

肩を上げるんじゃなくてアゴを引くんです。それはそうとアゴ出汁のアゴって飛び魚の事って知ってましたか?

いやぁ、昔はアゴ出汁って言うくらいだからアントニオ猪木さんの顎の事かと。。。
 

みなさんこんにちは

ブレイブ大門ジム 吉田です(^^)
 
昇級審査の日程も近づいて来たことですし、ここらでちょいと基本の構えについて再確認をしておきましょうか
慣れている方もおさらいのつもりで読んでみて下さいね。
 
まず、足は肩幅分開いて利き手足側を約斜め45度後ろに下げます。
⇑はいこれ、いきなり要チェックポイントです。
キックボクシングは蹴り技が中心です。
片足で立つことが多く足幅が不安定だと軸が上手く取れません。
常に2本足で立っているボクシングと違って、横幅が狭いと不利なのです。
縦幅が広すぎてもキックの出足が遅くなり不利になります。広すぎず狭すぎず自分の幅を見極めましょう
 
ポイントが長くなりすぎましたが、この時体も一緒に斜め45度しますが、顔は正面を向きます。
⇑はい、2つ目の要チェックポイント
体が正面を向いていると相手の攻撃をまともに体で受け止める事になります。
強靭な肉体でどんな攻撃も受け止める自信のある方以外は斜に構えましょう。
 
両手は肩の高さまで上げたところから、肘を曲げ拳がこめかみの高さ位まで来るように。
前の手は自分の顔の前、奥の手はこめかみに付けるくらいで良いです。
あと、拳の高さは同じ高さにした方が左右のバランスが取れます。
 
たまに両手をこめかみに付けてガードしている方がいますが、これは顔が丸出しなのでガードの意味を成しません。
 
そしてしっかりとアゴを引く!
⇑はい、ここは3つ目の要チェックポイントですよ。
アゴが上がっていると実戦では危ないし、例え戦わなかったとしても見た目がカッコ悪い
"解って無いなぁ~"感丸出しのフォームになりまぁす。
どんな時もアゴが上がらないようにしっかり意識しましょう
 
ちなみにタイトルの「肩を上げるんじゃなくてアゴを引く」というのは、力が入って肩が上にあがってしまう状態が良くないので肩はリラックスしてアゴを引くんだよ、っていう事を言いたいのです。私も昔はそうでした。。。
 
膝は突っ張らないように余裕を持たせます。
最初から突っ張っているとパンチやキックが伸びません。
何より膝を痛めます。
 
そしてどんな動きのあともこのニュートラルポジションに戻って来るようにクセ付けましょう。
朝起きたらアゴを引いているくらいで良いですね(笑)
 
構えとは格闘技のルールを体現する程の大切な基本です。
ルールが変われば構えも変わります。
ただし、戦い方のスタイルによって構えを変えていくのは基本が出来た次の段階ですからね。
理屈が関係無いのはごく一部の天才と変態だけです。
生まれつき強烈なパンチが打てるとか、強靭な足だからキックが滅法強いとか。
そういう人は恐らくそれに合わせた戦い方で構えを作った方が良いんだと思います。でも殆どの人は基本が最も大切ですよ。
 
どうしてこういう構えになるのかをしっかりと理解した上で自分の構えを作って行きましょうね。
 
キックボクシングの真髄とも言える基本の構え」しっかりと身に付けてカッコ良くなりましょう
 
 
♦♦2か月で-7Kg♦♦

 

ご予約は今すぐこちらをクリック↓

ブレイブ大門ジム 無料体験お申込み

 

業界No1 最安値

お得なキャンペーン情報もお見逃しないく!!

ご入会キャンペーン

 

パーソナルのご予約、ご質問、ご相談等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい

TEL:050-1103-0806

お掛け間違えないようにご注意ください

K-viento

~ブレイブ大門~

キックボクシングジム

 

大門駅から徒歩1分・浜松町駅から徒歩3分♪

ダイエットにも!運動不足解消にも!

ガチでキックをやってみたい人も!

様々な方が会社帰りに気軽に通えるブレイブ大門ジム!

もう一回言います!

気軽に楽しく通いたいならブレイブ大門ジム!

 

※ブレイブ大門ジムは株式会社FOS Investingの経営です

 

無料体験実施中